編集者になるにはどうすればよいのでしょうか?編集者の仕事の種類といえば、雑誌や漫画など様々です。就職・転職に有利な大学や、取っておいた方が良い資格、気になる編集者の年収などを調べたいと思います。他にも求人や募集のことや小学館の話など色々と調べていきたいと思います。

編集者とはどんな仕事?

編集者になるにはどうしたらいいでしょうか。
編集者になりたい人はけっこういると思います。
大学生の就職活動で、マスコミ希望の人などは新聞社や雑誌社の
編集者を希望している人も多いかと思います。

ファッション雑誌や漫画(マンガ)雑誌など趣味性の高い雑誌社などは、求人倍率も高いのではないでしょうか。

では一口に編集者とは、一体どんなものなのか調べてみました。


●編集者とは

編集者は、出版社や編集プロダクションなどの職場あるいはフリーなどの職業形態における編集実務担当者を指す業界用語。

一口に「編集実務」といっても、その業務の領域は職場の規模などに大きく左右されます。

出版業界の大多数を占める零細・中小企業では、編集実務や校正・校閲はもちろん、制作管理(トラフィック)や造本に深く関与することが多い。逆に中堅・大手企業では、業務がかなり細分化され、校正・校閲さえ専門の他部署や下請け業者に任されることも少なくない。

しかしながら一般に、企画の立案、著者・編者等との交渉、原価計算、原稿の整理・割付、校正あるいは校正者との交渉、装丁担当者との交渉のほか、小出版社では用紙の発注、印刷会社との交渉、さらには取次会社との交渉、書店への営業活動なども編集者が自身で行う場合が多いです。

編集が社会的に意味を持つのは、専門家の世界から他のジャンルの専門家あるいは専門家ではない人々へ、知を連携させるところにあると言えます。





ITmedia News:中国政府、ニュースポータル編集者に禁固刑
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news029.html

この記事へのトラックバック