編集者になるにはどうすればよいのでしょうか?編集者の仕事の種類といえば、雑誌や漫画など様々です。就職・転職に有利な大学や、取っておいた方が良い資格、気になる編集者の年収などを調べたいと思います。他にも求人や募集のことや小学館の話など色々と調べていきたいと思います。

編集者の仕事

編集者の仕事って一般的なイメージだと、忙しくて泊り込みも
当たり前みたいな印象がありますが、実際にはどうなんでしょうか?

でも編集者の仕事って、内容的には自分の好きな分野だったら、やりがいがあって面白そうに思いますね。
実際仕事がつまらないっていう大人はいっぱいいますので、好きなことを仕事に出来る人は幸せだと思います。仕事で毎日充実感を味わえるのは素晴らしいことでしょう。


●編集者の仕事

コンピュータによる組版・印刷の技術革新が続くなかで、編集者の仕事とされる領域は、以前よりも大きく拡がってきています。

出版社によっては、組版作業や装訂作業までをも編集者が担当するところがあり、高いコンピュータ・リテラシーが編集者に求められる場合も多いです。

書籍の編集者の場合、著者が本の「あとがき」などで謝意を表するような場合を除いて、自分が編集した本に自身の名前が記されることはなく、たとえ著者からの謝意をあらわす文章で編集者の姓名が「あとがき」等に記載されていたとしても、本の書誌事項として登録される公的なものではありません。

いわば匿名性のなかで仕事を進めていくのが編集者の仕事の特質のひとつです。しかし、編集者のなかには、「スーパーエディター」を標榜した安原顕さんのように、書籍の奥付に自身の名前をクレジットするものもいます。

この記事へのトラックバック