編集者になるにはどうすればよいのでしょうか?編集者の仕事の種類といえば、雑誌や漫画など様々です。就職・転職に有利な大学や、取っておいた方が良い資格、気になる編集者の年収などを調べたいと思います。他にも求人や募集のことや小学館の話など色々と調べていきたいと思います。

マンガ雑誌の編集者になるには?

就職や転職で漫画(マンガ)雑誌の編集者になりたい人って結構いるのではないでしょうか?

日本はマンガ大国で、大人になったサラリーマンでも電車の中でマンガ雑誌を読んでいる姿を普通に見かけます。これは外国ではあまり見かけない光景で、大人がマンガ雑誌を電車で読むなどは考えられないらしいです。

まあ最近では、マンガは映画やドラマの原作にもよく使われるので、それだけ日本の漫画はクオリティが高いということですね。
海外でも日本の漫画は大人気だという話もあります。

漫画雑誌の編集者を目指している人は、まずはどんな雑誌が発売されているか把握することから始めましょう。


●青年向け漫画誌(ヤング誌とその派生誌)

週刊ヤングジャンプ(集英社 1979-)
ヤングジャンプ増刊 漫革(1994-)
ウルトラジャンプ(1999-)
スーパージャンプ(1986-)
オースーパージャンプ
週刊ヤングマガジン(講談社 1980-)
別冊ヤングマガジン
週刊ヤングサンデー(小学館 1987-)
ヤングキング(少年画報社 1987-)
ヤングキングアワーズ
月刊ヤングキング(2006-)
ヤングチャンピオン(秋田書店 1988-)
ヤングチャンピオン烈(2006-)
ヤングアニマル(白泉社 1992-)
ヤングガンガン(スクウェア・エニックス 2004-)


この記事へのトラックバック

『ウルフガイ』
Excerpt: ヤングチャンピオン第6号2007年2月27日(火)発売にて 『ウルフガイ』が
Weblog: 漫画脚本家 田畑由秋のぼやきつぶやき
Tracked: 2007-04-26 09:17