編集者になるにはどうすればよいのでしょうか?編集者の仕事の種類といえば、雑誌や漫画など様々です。就職・転職に有利な大学や、取っておいた方が良い資格、気になる編集者の年収などを調べたいと思います。他にも求人や募集のことや小学館の話など色々と調べていきたいと思います。

ファッション雑誌とは?

編集者になるには、どうしたらよいでしょうか。
就職や転職を希望している人で、出版社や編集者に就職したいと考えている人に役立つ情報を提供していきたいと思います。

編集者といっても、雑誌の出版社は色々ありますし、雑誌の種類もたくさんあります。

今日はファッション雑誌の編集者になるにはどうすればよいかと悩んでいる人の為に、まずはファッション雑誌の概要について説明します。


ファッション雑誌は洋服や装飾品だけでなく、ライフスタイル全般にその対象を振った雑誌も多く、『アンノン族』を生み出し、従来の物見遊山型でない女性の国内旅行を定着させた『アンアン』・『non-no』、「雑貨」という言葉を広め「渋谷系」のムーブメントを先導した『Olive』などが女性の若者文化に大きな影響を与えました。

近年は不況の長期化、情報源の多様化などにより、女性ファッション誌ではファッション情報に特化した実用性を求める傾向が強まっているが、近年は男性ファッション雑誌に文化記事を重視する傾向が目立ちます。

ファッション記事やグラビアよりも若年サラリーマン向けのビジネスノウハウ記事が目立つ『GQ JAPAN』や、逆に、自動車雑誌であるものの、ファッション記事にも多くのページを割く『NAVI』のような雑誌もあります。

近年「ちょい不良(ワル)オヤジ」なる流行語を生み出した中年男性ファッション誌『LEON』(主婦と生活社)のように、単なるファッションだけにとどまらず、スタイルや生き方にまで及ぶ流行を生み出した雑誌もあります。

2000年代に入り、ファッションの多様化が進む一方、活字媒体全般にわたり不調と言われている2006年現在、パンク・ファッションやストリートファッション、モード系など個性や先鋭的なセンスを打ち出す雑誌は一部に根強い支持があるものの、全体としては男性誌・女性誌ともに実利的な異性受け(「モテ」と称される)するファッションを重視する傾向が強まっています。

10代後半から20代の女性向けファッション雑誌というカテゴリでは、圧倒的に強みを持つのは『CanCam』がその代表格です。
現在の専属モデルである押切もえ、蛯原友里が誌面で着用した服は、即完売するという影響力までも持っています。
蛯原友里さんは、マクドナルドのCMに起用されたり、「エビ売れ」なんて言葉が出来るほど影響力を与えていますね。

この記事へのトラックバック