編集者になるにはどうすればよいのでしょうか?編集者の仕事の種類といえば、雑誌や漫画など様々です。就職・転職に有利な大学や、取っておいた方が良い資格、気になる編集者の年収などを調べたいと思います。他にも求人や募集のことや小学館の話など色々と調べていきたいと思います。

マンガ雑誌の編集者を目指そう

編集者になるには?
就職活動や転職活動で編集者を目指している方もいると思いますが、
一体雑誌編集者とはどのような仕事なのでしょうか?

編集者といっても雑誌だけでも、漫画雑誌やファッション雑誌、
音楽雑誌や週刊誌など色々あります。
まずは自分のやりたい方向を決めましょう。

そして出版社もいろいろありますね。
日本では漫画が人気です。日本のマンガ文化は世界に誇れるほど水準が高く、
アニメやオタクなどの言葉は海外でも通用するほどだといいます。

マンガ喫茶は繁華街に行けば必ずありますし、いまではマンガ喫茶のネットカフェ難民なんて言葉も耳にします。


マンガ雑誌の紹介
●男性(社会人)向け漫画誌

週刊漫画TIMES(芳文社 1956-)
週刊漫画サンデー(実業之日本社 1959-)
漫画アクション(双葉社 1967-)
週刊漫画ゴラク(日本文芸社 1967-)
プレイコミック(秋田書店 1968-)
ビッグコミック(小学館 1968-)
ビッグコミックオリジナル(1972-)
ビッグコミックスピリッツ(1980-)
ビッグコミックスペリオール(1987-)
モーニング (講談社 1982-)
イブニング(2001-)
ビジネスジャンプ(集英社 1985-)
週刊コミックバンチ(新潮社 2001-)
コミックチャージ(角川書店 2007-)
COMICジャンク (あおば出版2007-)


漫画雑誌の編集者を目指している人は、就職活動頑張ってください。
自分の興味のある出版社が見つかるといいですね。

この記事へのトラックバック