編集者になるにはどうすればよいのでしょうか?編集者の仕事の種類といえば、雑誌や漫画など様々です。就職・転職に有利な大学や、取っておいた方が良い資格、気になる編集者の年収などを調べたいと思います。他にも求人や募集のことや小学館の話など色々と調べていきたいと思います。

マンガ雑誌・ファッション雑誌の編集者になるには

編集者になるには? 一体どうしたらいいのでしょうか?
マンガ雑誌にしろ、ファッション雑誌にしろ、編集者への就職・転職は
人気の職種ですので倍率も高いです。

まず、出版業界の構造を理解していますか?

出版社と編集プロダクションの相違がきちんとわかっているかどうかが大切です。

ファッション雑誌がファッション業界なのかマスコミ業界なのか?
マンガ雑誌もしかりです。

流行通信や文化出版局などは、ファッション業界に近いと思いますが、総体的にはマスコミ業界が大多数であると思います。

マンガ雑誌にしても、出版業界なのか、クリエイティブな事をしたいのか?色々考えられます。

このように自分の希望する職種の業界についての概要も学んでおかなければ、面接などを突破するのは難しいでしょう。

ファッション雑誌の編集者になるにはどうする?

ファッション雑誌の編集者になるには?
ファッション好きの人にとって憧れの職業の1つに、ファッション雑誌の
編集者
の仕事があります。

就職活動や転職などで編集者の仕事を目指す人も多くいると思います。

就職活動を始める人はまず、ファッション雑誌の編集者になりたいと思うのなら色々な事を勉強しなくてはいけません。

資料請求などは始めると思いますが、この職業がファッション関連なのか、マスコミ関連なのか考えましょう。

さらに編集という仕事は、一般的に経験者優先のようで、新卒は採用されない場合が多いかもしれません。

快い返事がもらえないといって諦めてはいけません。
まず、出版業界の構造を理解するようにしましょう。

ファッション雑誌にどのようなものがあるのかを把握しておくのも大切です。


●女性向けファッション雑誌

◆ティーンズ誌
・ローティーン向け

ピチレモン
ラブベリー
nicola(ニコラ)
Hanachu(ハナチュー)

・ティーンズ一般

SEVENTEEN(セブンティーン)

・ストリート・裏原宿系

Zipper(ジッパー)
CUTiE(キューティ)
PS(Pretty Style)(ピーエス)
JILLE(ジル)
mini(ミニ)
SEDA(セダ)

マンガ雑誌の編集者を目指そう

編集者になるには?
就職活動や転職活動で編集者を目指している方もいると思いますが、
一体雑誌編集者とはどのような仕事なのでしょうか?

編集者といっても雑誌だけでも、漫画雑誌やファッション雑誌、
音楽雑誌や週刊誌など色々あります。
まずは自分のやりたい方向を決めましょう。

そして出版社もいろいろありますね。
日本では漫画が人気です。日本のマンガ文化は世界に誇れるほど水準が高く、
アニメやオタクなどの言葉は海外でも通用するほどだといいます。

マンガ喫茶は繁華街に行けば必ずありますし、いまではマンガ喫茶のネットカフェ難民なんて言葉も耳にします。


マンガ雑誌の紹介
●男性(社会人)向け漫画誌

週刊漫画TIMES(芳文社 1956-)
週刊漫画サンデー(実業之日本社 1959-)
漫画アクション(双葉社 1967-)
週刊漫画ゴラク(日本文芸社 1967-)
プレイコミック(秋田書店 1968-)
ビッグコミック(小学館 1968-)
ビッグコミックオリジナル(1972-)
ビッグコミックスピリッツ(1980-)
ビッグコミックスペリオール(1987-)
モーニング (講談社 1982-)
イブニング(2001-)
ビジネスジャンプ(集英社 1985-)
週刊コミックバンチ(新潮社 2001-)
コミックチャージ(角川書店 2007-)
COMICジャンク (あおば出版2007-)


漫画雑誌の編集者を目指している人は、就職活動頑張ってください。
自分の興味のある出版社が見つかるといいですね。

仕事の概要、出版社への就職

編集者になるにはどうすればよいでしょうか?
まずは編集者の仕事の概要について学んでみましょう。
編集者の多くは出版社でなど働いています。
しかし、フリーの人は出版社と契約を結び働く形態もあります。

勤務時間はよく不規則になります。
締め切り日の近くになると、何度も徹夜になることもあると言われます。
編集の仕事が好きな人なら苦にならないどころか、やりがいさえも感じるようです。

編集者の1/4は女性が働いているといわれます。
出版社への女性進出もすすんでいるようです。


第2次大戦後は、本屋における雑誌や書籍は急速なスピードで増加していき、日本における雑誌の数も相当な量になりました。

最近では書籍や雑誌だけではなく、コンピュータのソフトやビデオなどにも進出する出版社も増えてきていますね。
インターネットの急速な普及により、出版界では多くの打撃を受けて廃刊に追い込まれている出版社も多くないと聞きます。

今後はインターネットやDVDなどメディア方面での採用が増加していくものと思われます。

若者の活字離れも起こっており、現在メディアの頂点であるインターネットから雑誌・書籍の世界へ若者の興味を戻すのが出版界の宿命かもしれません。

ファッション雑誌とは?

編集者になるには、どうしたらよいでしょうか。
就職や転職を希望している人で、出版社や編集者に就職したいと考えている人に役立つ情報を提供していきたいと思います。

編集者といっても、雑誌の出版社は色々ありますし、雑誌の種類もたくさんあります。

今日はファッション雑誌の編集者になるにはどうすればよいかと悩んでいる人の為に、まずはファッション雑誌の概要について説明します。


ファッション雑誌は洋服や装飾品だけでなく、ライフスタイル全般にその対象を振った雑誌も多く、『アンノン族』を生み出し、従来の物見遊山型でない女性の国内旅行を定着させた『アンアン』・『non-no』、「雑貨」という言葉を広め「渋谷系」のムーブメントを先導した『Olive』などが女性の若者文化に大きな影響を与えました。

近年は不況の長期化、情報源の多様化などにより、女性ファッション誌ではファッション情報に特化した実用性を求める傾向が強まっているが、近年は男性ファッション雑誌に文化記事を重視する傾向が目立ちます。

ファッション記事やグラビアよりも若年サラリーマン向けのビジネスノウハウ記事が目立つ『GQ JAPAN』や、逆に、自動車雑誌であるものの、ファッション記事にも多くのページを割く『NAVI』のような雑誌もあります。

近年「ちょい不良(ワル)オヤジ」なる流行語を生み出した中年男性ファッション誌『LEON』(主婦と生活社)のように、単なるファッションだけにとどまらず、スタイルや生き方にまで及ぶ流行を生み出した雑誌もあります。

2000年代に入り、ファッションの多様化が進む一方、活字媒体全般にわたり不調と言われている2006年現在、パンク・ファッションやストリートファッション、モード系など個性や先鋭的なセンスを打ち出す雑誌は一部に根強い支持があるものの、全体としては男性誌・女性誌ともに実利的な異性受け(「モテ」と称される)するファッションを重視する傾向が強まっています。

10代後半から20代の女性向けファッション雑誌というカテゴリでは、圧倒的に強みを持つのは『CanCam』がその代表格です。
現在の専属モデルである押切もえ、蛯原友里が誌面で着用した服は、即完売するという影響力までも持っています。
蛯原友里さんは、マクドナルドのCMに起用されたり、「エビ売れ」なんて言葉が出来るほど影響力を与えていますね。

ファッション雑誌の編集者になるには?

就職・転職を考えいる人でファッション雑誌などは華やかがイメージがあるので、
編集者になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ファッション雑誌の編集者になるにはどうしたらよいか?
まずは流行・文化などに詳しくないといけませんね。

ファッション雑誌の編集者になるには、ファッション雑誌について勉強してみましょう。


●ファッション雑誌とは?

現在日本において、年齢と性別、生活・収入レベルやそれらがもたらす読者別のファッションの傾向によって数多くのファッション雑誌が発行されています。

特に1980年代後半のバブル景気以降はそれがさらに細分化していると言われています。
しかしその分廃刊される雑誌も多く、老舗女性ファッション雑誌といわれた『Olive』(マガジンハウス)や『mcシスター』(当時の婦人画報社、現・アシェット婦人画報社)の廃刊、近年ではインターネットの普及により『ef』(主婦の友社)がデジタル媒体に移行しました。



マンガ雑誌の編集者になるには?

就職や転職で漫画(マンガ)雑誌の編集者になりたい人って結構いるのではないでしょうか?

日本はマンガ大国で、大人になったサラリーマンでも電車の中でマンガ雑誌を読んでいる姿を普通に見かけます。これは外国ではあまり見かけない光景で、大人がマンガ雑誌を電車で読むなどは考えられないらしいです。

まあ最近では、マンガは映画やドラマの原作にもよく使われるので、それだけ日本の漫画はクオリティが高いということですね。
海外でも日本の漫画は大人気だという話もあります。

漫画雑誌の編集者を目指している人は、まずはどんな雑誌が発売されているか把握することから始めましょう。


●青年向け漫画誌(ヤング誌とその派生誌)

週刊ヤングジャンプ(集英社 1979-)
ヤングジャンプ増刊 漫革(1994-)
ウルトラジャンプ(1999-)
スーパージャンプ(1986-)
オースーパージャンプ
週刊ヤングマガジン(講談社 1980-)
別冊ヤングマガジン
週刊ヤングサンデー(小学館 1987-)
ヤングキング(少年画報社 1987-)
ヤングキングアワーズ
月刊ヤングキング(2006-)
ヤングチャンピオン(秋田書店 1988-)
ヤングチャンピオン烈(2006-)
ヤングアニマル(白泉社 1992-)
ヤングガンガン(スクウェア・エニックス 2004-)

漫画雑誌の編集者になるには?

編集者になるには?
漫画雑誌の編集者を目指している人がまず何をすべきか?
いろいろあるとは思いますが、まずはマンガを読みましょう。
そして色々な雑誌を読むといいです。

世間にはどんな雑誌があるのか?いまの流行りは何か?
たくさんのマンガ雑誌を読むことで、そんな流行も見えてくるものです。

それが自分が編集者になるときにきっと役に立ちます。

まずは日本の漫画雑誌にはどんなものがあるか覚えましょう。


●少年漫画雑誌

月刊誌


月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス 1991-)
月刊Gファンタジー(1993-)
月刊ガンガンWING(2001-)
ガンガンPOWERED(2001-)
月刊少年エース(角川書店 1994‐)
ガンダムエース(角川書店 2001‐)
コンプエース(角川書店 2005‐)
月刊少年シリウス(講談社 2005-)
月刊少年ファング(リイド社 2006-)

漫画(マンガ)雑誌の出版社

編集者になるには?
何よりもまずやる気と行動・体力が大切です。
出版社や編集者を目指すのなら、出版界の知識や編集者の仕事内容も大事ですが、とにかくバイタリティ溢れるやる気と行動力が最後にはモノを言う世界です。

特に体調管理には気を使いましょう。就職活動の大事な時期に風邪なんかひいてられませんからね。普段から運動などをして体力を付けることも忘れずに!


漫画雑誌とは、漫画を主な内容として掲載している雑誌です。

対象となる購読者の層にあわせて、少年漫画誌、少女漫画誌、青年漫画誌、男性漫画誌、レディースコミック誌などに分かれています。
それ以外にジャンル別のものとして、4コマ漫画誌、ホラー漫画誌、成人向け漫画誌などもあります。

また、刊行間隔は、週刊、隔週刊、月二回刊、月刊、隔月刊、季刊などに分かれます。


●少年漫画誌

主な週刊誌・月刊誌・派生誌

週刊少年サンデー(小学館 1959‐)
少年サンデー超増刊(1995 ‐)事実上の隔月刊
月刊サンデーGENE-X(2000‐)
週刊少年マガジン(講談社 1959‐)
マガジンSPECIAL
月刊少年マガジン(1965‐)
マガジンGREAT(1993‐)
月刊マガジンZ(1999‐)
週刊少年ジャンプ(集英社 1968‐)
月刊少年ジャンプ(1970‐)
赤マルジャンプ
週刊少年チャンピオン(秋田書店 1969‐)
月刊少年チャンピオン(1970‐)
チャンピオンRED(2002-)
チャンピオンRED いちご(2006-)


漫画雑誌の編集者を目指している人は参考にしてくださいね。

編集者になる為に! 出版・日本の歴史

編集者になるには
就職活動や転職希望で編集者になりたい方に!

まずは出版関係のことを学ぶ事も大切です。
就職活動中にたくさん勉強して立派な編集者になってくださいね。

編集者と出版社は深い関係にあります。編集の仕事内容に関して勉強することも大事ですが、まずはじめに日本の出版の歴史について学びましょう。トリビアとして覚えておくのもいいかもしれませんね。


●日本の出版の歴史

戦国時代にキリシタン版と呼ばれる活版印刷が行われ、また朝鮮半島から印刷技術が伝えられたのが刺激となって、江戸時代初期には「古活字本」が作られるようになる。

古活字本の一つとして「嵯峨本」が有名である。これは京都嵯峨の角倉素庵が本阿弥光悦らの協力で出版した豪華本であり、嵯峨本自体は少部数の製作だったが、後に大きな影響を与えた。

江戸時代には木版印刷による出版が盛んになり、浮世草子、黄表紙、洒落本、滑稽本などが出版され、一般にも広く読まれた。版元として蔦屋重三郎などもよく知られている。

明治時代になって活字を使った近代的な印刷術が急速に発展し、自由民権運動とともに政治的な主張を唱える新聞・雑誌も盛んになった。

政府は一方では出版を奨励しつつ、他方で出版条例(1869年)、新聞紙条例(1875年)などを制定して言論活動を取り締まった(後に出版法1893年、新聞紙法1909年へと改正)。

編集者になる!出版の歴史

編集者になるにはどうしたらよいでしょうか?

就職や転職で悩んでいる人もいると思いますが、何事も動きださなければ始まりません。

出版社や編集者になるために、まずは行動を起こしていきましょう。

その為にはまずは業界の事をよく知ることも大切ですね。
出版の歴史について学んでいきましょう。



出版の前提として印刷技術が必要不可欠です(古代・中世でも写本を業とする場合があるが、ここでは除外します)。

また情報を伝達するための流通経路(商業出版では一般に作者、出版社・印刷会社から流通、書店を経て読者まで)がなければ、継続的な事業としては成立しません。

印刷技術が普及するまで、本は写本によって伝えるほかはありませんでした。

中国で7世紀頃から木版印刷が行われ、高麗では金属活字の技術もありました(高麗版大蔵経)。

日本でも平安時代末期以降、「百万塔陀羅尼」「五山版」など仏典の印刷が行われていたが、主に寺院内など限られた範囲の流通に留まっており、広く一般に流通するものではありませんでした。

出版のプロセスとは?

編集者になるには
就職活動中の学生や転職などで、出版社の編集者を希望している
人も多いかと思います。

一時期の就職氷河期と呼ばれた時代に比べたら、最近は少しは就職活動もやりやすくなったかもしれませんんが、今だにハローワークなどを覗いてみても厳しい現状はあるようですね。

最近では、漫画喫茶などを寝床にした日雇い労働者なども社会問題になっていると聞きます。

新卒での就職は一番就職活動がしやすいと思いますので、編集者希望の人は頑張ってくださいね。

編集者になるには、まず出版のことも学ばなくてはいけません。
今日は、出版のプロセスについて調べてみました。


●出版のプロセス

一般の商業出版の例

出版社:企画→原稿依頼→作家、カメラマン、イラストレーターほか:

取材→原稿執筆、撮影、作画→

出版社:割付け→校正→印刷会社:印刷→校正→製本所:丁合→綴じ→取次→書店、図書館、学校ほか

編集者になるには? 出版について

編集者になるには?
就職活動中の大学生や、転職を考えている人で出版社への就職や
編集者希望の人も多いと思います。

その為には、出版、編集について色々と勉強しておくことも大切ですね。

今日は出版について調べてみました。


●出版

出版(しゅっぱん)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれます。

上梓の梓とはアズサのことで、木版印刷の版材にこの木が用いられたことに基づいています。
書籍や雑誌など出版されたものを出版物と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼びます。

出版(複製)は一般に印刷によって行われます。
新聞も同様の方法で発行されますが、流通経路が異なり普通は出版とは呼びません。
ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけているのが現状です。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオ、テレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアです。

編集者に望まれる事とは?

編集者になるには?
大学生や専門学校生で編集者になりたいという人も多いと思いますが、実際どうしたらいいでしょうか?

その為には、まずどんな仕事かを学び、どんな事を要求される
のか理解しなければいけません。


●編集者に望まれる事とは?

編集者にとって重要なことは、ただ単に素材を集めるということではなく、時代のトピックを探して企画・立案して、実現することです。

これはアイディアを立てるだけではなく、出版物の場合であれば、出来上がる出版物の装丁や売れる部数を予測し、コストと見合った製作方法を瞬時に予想することが重要とされます。

さらに、企画しても原稿がなければ、書籍・雑誌もできないので、原稿を受領することが大切です。

編集者にとっては著者を発見することが基本といえます。あるいは時代のテーマを発見して促進することが大切です。
編集者は時代の流れや流行、文化に対して敏感でなければいけないでしょう。


編集者の仕事

編集者の仕事って一般的なイメージだと、忙しくて泊り込みも
当たり前みたいな印象がありますが、実際にはどうなんでしょうか?

でも編集者の仕事って、内容的には自分の好きな分野だったら、やりがいがあって面白そうに思いますね。
実際仕事がつまらないっていう大人はいっぱいいますので、好きなことを仕事に出来る人は幸せだと思います。仕事で毎日充実感を味わえるのは素晴らしいことでしょう。


●編集者の仕事

コンピュータによる組版・印刷の技術革新が続くなかで、編集者の仕事とされる領域は、以前よりも大きく拡がってきています。

出版社によっては、組版作業や装訂作業までをも編集者が担当するところがあり、高いコンピュータ・リテラシーが編集者に求められる場合も多いです。

書籍の編集者の場合、著者が本の「あとがき」などで謝意を表するような場合を除いて、自分が編集した本に自身の名前が記されることはなく、たとえ著者からの謝意をあらわす文章で編集者の姓名が「あとがき」等に記載されていたとしても、本の書誌事項として登録される公的なものではありません。

いわば匿名性のなかで仕事を進めていくのが編集者の仕事の特質のひとつです。しかし、編集者のなかには、「スーパーエディター」を標榜した安原顕さんのように、書籍の奥付に自身の名前をクレジットするものもいます。

編集者とはどんな仕事?

編集者になるにはどうしたらいいでしょうか。
編集者になりたい人はけっこういると思います。
大学生の就職活動で、マスコミ希望の人などは新聞社や雑誌社の
編集者を希望している人も多いかと思います。

ファッション雑誌や漫画(マンガ)雑誌など趣味性の高い雑誌社などは、求人倍率も高いのではないでしょうか。

では一口に編集者とは、一体どんなものなのか調べてみました。


●編集者とは

編集者は、出版社や編集プロダクションなどの職場あるいはフリーなどの職業形態における編集実務担当者を指す業界用語。

一口に「編集実務」といっても、その業務の領域は職場の規模などに大きく左右されます。

出版業界の大多数を占める零細・中小企業では、編集実務や校正・校閲はもちろん、制作管理(トラフィック)や造本に深く関与することが多い。逆に中堅・大手企業では、業務がかなり細分化され、校正・校閲さえ専門の他部署や下請け業者に任されることも少なくない。

しかしながら一般に、企画の立案、著者・編者等との交渉、原価計算、原稿の整理・割付、校正あるいは校正者との交渉、装丁担当者との交渉のほか、小出版社では用紙の発注、印刷会社との交渉、さらには取次会社との交渉、書店への営業活動なども編集者が自身で行う場合が多いです。

編集が社会的に意味を持つのは、専門家の世界から他のジャンルの専門家あるいは専門家ではない人々へ、知を連携させるところにあると言えます。





ITmedia News:中国政府、ニュースポータル編集者に禁固刑
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news029.html

編集者とは?

編集者とは、本や雑誌、新聞の編集者などよく耳にしますが
一体どんな仕事内容なのでしょうか?

雑誌、漫画(マンガ)など色々ありますが、編集者の仕事募集、
求人、学校を調べる前にまずは編集者について調べてみました。


●編集者とは?

編集者(へんしゅうしゃ)は、本(書籍・雑誌)や新聞などの刊行物や論文などの内容を編集する人。

歴史書や教科書を発行する出版社(例えば三省堂)では、「編集」ではなく「編修」と表記する場合もある。「編集者」とは、次の二つに大別される。


1、著作的な編集を行う人。編纂者・編者(編著者)に同じ。
2、出版業界用語で、編集実務を担当する職業人(本稿で詳述)。


うーん、なんだか難しいというか、少し分かりにくいですね。
これからもうちょっと調べていきたいと思います。

またおすすめの書籍などがあったら、そちらも合わせてご紹介していきます。